New Entries

FX 初心者

FX商品にはいろいろな商品があり、これからFXをはじめたいFX初心者にとっては、どの商品も魅力的に見えて迷ってしまいますよね。FX商品には、FX初心者を対象にしていて取り引きしやすいものもあれば、多額の資金を絶妙に動かすことができるプロレベルの投資家を対象にしているFX商品などもあります。自分の投資スタイルや投資レベルに合ったFX商品を見つけることが大切です。

・手数料
FX商品には、いろいろな手数料がかかります。たとえば口座を開設する際に必要になる口座開設手数料、取り引きを行なう際には取引手数料などがかかります。また、自分自身の銀行口座からFX口座へ入金したり、利益を出金したりする際には、入出金手数料がかかります。これらの手数料はFX商品によって大きく異なるので注意が必要です。特に、少ない資本金でFXを初めようと考えている方や、まだまだFXになれていないFX初心者にとっては、できるだけ手数料が無料となっているFX商品を選びたいものですね。

・取引システム
FX取引と直結している取引システムは、自宅のパソコン上で私達がFXを行なう際に必要になるシステムです。FX初心者を対象としているFX商品なら、初心者にとっても見やすい画面デザインとなっていたり使いやすい簡単な機能のみがついていたりする場合も多いのですが、初心者を対象にしている取引システムでは、レベルの高い投資家にとっては物足りなく感じてしまう事も多いでしょう。また、チャートやロウソク足の読み方もよく分からないFX初心者が難しいチャート分析などが凝縮されているような取引システムを使ったところで、最大限に活用する事は難しいでしょう。FX商品を選ぶ際には、実際に口座開設する前にデモツールを使って実際に取引システムを使ってみる事もおススメです。

FX初心者におすすめの通貨ペア

FX商品には、いろいろな通貨ペアがラインナップされていて、それぞれスプレッドや為替レート、適用レバレッジなどが異なります。同じ通貨ペアでもFX商品によってスプレッドが異なっていたり、適用できる最大レバレッジが異なっているのですが、為替レートは優良なFX商品ではほとんどの場合にはそれほど大きな差はないようです。

FX初心者におススメの通貨ペアは、ローリスクでローリターンの通貨ペアですね。メジャー通貨と呼ばれているアメリカドル・スイスフラン・ユーロ・イギリスポンド・日本円・オーストラリアドルなどの組み合わせによる通貨ペアは為替がわりと安定していますから、FX初心者にとってもおススメです。これからFXを初めようという方は、まずは親しみの深いアメリカドル・日本円の通貨ペア、もしくはユーロ・日本円の通貨ペアなどからスタートする事をおススメします。

メジャー通貨の中でも比較的価格変動が大きい通貨といえばイギリスポンドが思い浮かびます。イギリスポンドはメジャー通貨で安定していながらも毎日の価格変動が大きいため、デイトレードなど短期集中戦を好む投資家に愛用されている通貨としても知られています。FXになれてきてデイトレードにも挑戦したくなったら、ぜひイギリスポンドにトライしてみるのも良いでしょう。

FX初心者にとって避けた方が良い通貨ペアは、マイナー通貨と呼ばれている通貨です。世界における流通量が少なければ価格が安定していてもマイナー通貨となってしまうわけですが、社会主義国や共産主義国が発行している通貨はできるたけ避けたいものですね。

FX初心者が気をつけたい点

FX初心者がFXを行なう際には、FXの前に必要となる証拠金が最低いくら必要なのか忘れずにチェックする事が必要です。FX初心者を対象にしたFX商品の多くは、取引手数料や口座維持手数料などの各種手数料が無料になっている商品も多く、取り引きをする際に必要になる証拠金も少額に設定されていることが多いものです。一度預入れた証拠金は、取引で損失を出した場合には証拠金を使って相殺されるため、ゼロになる可能性もあることを十分に理解した上でFXをはじめることが大切です。

また、FXでは、デイトレードやスキャルピングのように短期集中のスピード取引をする事も可能ですが、短時間の間に利益が出る可能性がある一方で短時間の間に損失が出てしまう可能性もありますから、FXのリズムをつかむまでは自分自身のペースで時間をかけて取り引きをする事をおススメします。デイトレードでFXを行う場合、24時間と言う時間制限があるため、時間内に取引が決済されない場合には自動的にキャンセル扱いとなってしまいます。

ロスカットのルールもFX初心者にとっては気をつけたい点ですね。証拠金に対して一定率の損失を出してしまうと、取引は自動的に強制決済となって損失は確定してしまいます。FX業者がそれぞれ定めているロスカットのラインに達する前に、損失は細かく切り落としていく「損切り」のテクニックを身につけると良いでしょう。

損切りのテクニックと同様に、利益も小さな利益をコツコツと貯めていく習慣を身につけることが大切です。一攫千金を夢見るギャンブルではなく、コツコツと着実に資産を増やしていく投資方法を覚えたいですね。


cms agent template0039/0040 ver1.002